灰塚再生大学

バスへの愛

昨日のフェイスを少しいじりました。

a0285396_22335322.jpg

リアのフックをフェザー付きへ。そして、リップ裏へ板オモリを。

灰塚にて動きをチェックした結果…

a0285396_22375119.jpg

板オモリはフロントフックの前で落ち着きました 。

自分の考えではリップにオモリを貼ることで、より前傾姿勢が増し深いところを攻めれると思っていましたが、結果はスローシンキング&i字系への動きに変化!でした。2、3グラムのウェイトチューンプラス数ミリの位置変更でここまで動きが変わるとは、正直驚きました。

で、ここからが本題。『バスへの愛』

ルアーチューンで自分が必ずやること。「バーブレス」これは中学生の時からやってる譲れないチューン。

自分にとってバス釣りは、もう二度とやめたくない大切なモノ。だけど、魚を必ず傷つけてしまう…。魚へのダメージを最小限に抑えるには考えれる限り、「バーブレス」しかない。釣った魚を置く時は、ボートデッキでも濡らして置くのは当たり前。勿論魚を触る手も濡らして冷やす。

数年前までは、マスバリやラバージグ、スピナーベイトやバズベイトなどのシングルフックのルアーまでバーブレス。何でもかんでもバーブレスでした。だけど、これだとさすがにバラシが多発してしまうので、現在はシングルフックとビックベイト以外のルアーをバーブレスで使用しています。

はっきり言って、トリプルフックをバーブレスにした事が原因でバラすなんてありません!バラシてしまうことがあれば、それは自分の腕のせい。タックルバランスが悪いか下手くそなだけ。
手元まで寄せてきた魚がリアフック1本でジャンプ一発バラシてしまったとしても、それはバーブレスのせいではなく、リアフック1本しか喰わせれてない、自分のルアー選択ミス。

これが僕の信念。
これが僕のバスへの愛。
[PR]

by y0620i | 2013-02-11 22:30
<< 今日の灰塚 いいものはいい。 >>