灰塚再生大学

広島へ。

27日、可部へ手伝いに行ってきました。

ボランティアセンターから三入小学校へ向かい、被災された現場へ向かいました。

土砂災害から1週間、ボランティアが来たのは初めてだとおっしゃいました。

人の手がいくらでも欲しい。だけど、ボランティアセンターで管理できるキャパを超えて、ボランティアの受付を昼前には締め切る現状。

助けが必要です。
土嚢を1袋、木の枝を1本、石を1つでも運ぶ人の手が。
「今」必要なんです。

僕は1日自由になる時間があれば、それは被災地へ捧げます。


1秒でも早く、被災された方々に幸せな時間が戻りますように。
[PR]

by y0620i | 2014-08-29 22:24
<< 可部東へ。 今日の灰塚ダム。 >>